アプリュス

  • NEWS
  • ABOUT
  • STUDIO
    1. ASAKA
      1. SPACE
      2. MEMBER
    2. SHIBAZONO
      1. SPACE
      2. MEMBER
  • WORKSHOP
  • CONTACT

NEWS

2016年10月28日

アプリュスあ〜とCafe を開催します。

160930_182412

アプリュスあ〜とCafe 

~寄り道気分でアートしませんか~
アプリュスあ~とCafeは、まるで散歩の途中で入ったカフェのように
寄り道気分で立ち寄れるスペースです。ここでは、世代を超えて交流しながら
簡単に楽しめる《あ〜と》のメニューを月替りで用意しております。
こころもからだもありのままになれる、自分のためのひとときを過ごしませんか。
《あ〜と》のメニューはアートセラピーに基づいてつくられていて、
できあがった作品から、自分へのメッセージを見つけることができます。

11月のメニュー
こころに灯そう、わたしの光『キャンドルホルダーをつくろう!』
秋の夜長に灯せば、こころがポっと暖まる、
オリジナルのキャンドルホルダーをつくりましょう。
無心に手を動かしたり、お話ししながら作ったり、
出来上がった作品はもちろん、作る時間、灯す時間も自分へのプレゼント。

場所 アプリュス芝園スタジオ 1F 調理室
日時 11月5日(土) 14:00〜16:00
参加費 2000円(画材費込、お茶付)
対象  大人ならどなたでも(シニアの方も大歓迎です。)
定員 6名ほど
アートワークセラピスト 住谷栄子・玉掛由美子

次回のお知らせ
12月10日(日)  すでに自分の中にある幸せに気づく「クリスマスリースでHAPPYになろう!」
「埼玉県文化芸術拠点創造事業助成事業」

問い合わせ、お申し込み
玉掛由美子 aplus.artcafe@gmail.com

2016年10月11日

「A plus Viewing 01 – For the city of heritage –美術家からの提案」を開催します。

tanaka_dm1

「A plus Viewing 01 – For the city of heritage –美術家からの提案」 

現在、アプリュス芝園スタジオで活動する作家29名の美術家から、街へ向けて提案する
美術展として、これからも続いて行く旧田中家住宅の歴史の中で記憶に残る展示となれば
幸いに思います。これから、川口市では文化財、特に歴史的建造物の再活用の事業として
アートの力で川口市の文化財の存続を担う動きが始まろうとする中、アーティストが市民
へ向けて提案するプログラムとして街の文化を活性化し文化財の継承の一助としたいと考
えています。
会期:平成28年10月15日(土)~平成28年11月12日(土)
午前9時30分~午後4:30 最終日を除く土曜日は19:00まで
会場:旧田中家住宅(川口市末広1-7-2)
主催:一般社団法人アプリュス、川口市教育委員会
協力:埼玉高速鉄道、公益財団法人 野村財団

【出品作家】石川霞、石黒昭、岡崎詩をり、奥村拓郎、小野美穂、木名瀬薫
佐藤そのえ、須惠朋子、スズキナツコ、鈴木のぞみ、髙田純嗣、髙田由美子
田口輝彦、原田郁、fancomi、藤原美咲、村山之都、矢口佳奈、柳原絵夢
【賛助出品】太田隆幸、髙田由美子
旧田中家住宅入場料:200円